エルフィーキッズとは

「エルフィーキッズ」は、チャイルドケア(保育)と学習支援を融合した民間学童施設です。専任指導員(呼称:シーダー)のもと、学校の宿題をはじめ、国語や算数を中心に個別対応を行っています。もちろん、お勉強ばかりでなく、おやつタイムやリラックスタイム(自由時間)も設けており、子どもたちが楽しく過ごせるような工夫をしています。
また、送迎についても学校から教室、教室から習い事など、幅広く対応しています。急な残業などで遅くなる場合でも、21時までの延長利用が可能となっており、ご希望に応じて夕食の購入にシーダーが付き添うなど、働くご両親を全面的に支援いたします(※延長や送迎については、別途料金をいただいています)。

~理念~

【基本理念】
◆子どもたちが安心して笑顔で過ごせる家庭的な空間を提供する。
◆子どもたちの自立に向けたサポートを行う。
◆働く保護者が安心してお子様をお預けすることのできる環境を提供する。

【指導理念】
◆褒めること、そして認めてあげることで、子どもたちに自信を持たせ、自立心を育てる。
◆勉強や遊びを問わず、何事にも一生懸命取り組める子どもを育てる。
◆集団の中でルールを守り、友達との関係づくりから社会性を備えた子供を育てる。
◆少人数制のもと、一人ひとりと丁寧に向き合い、学力の基礎を培う。

エルフィーキッズのポイント

□■専任指導員による少人数制フォロー
教室にはシーダーが常駐しており、それぞれのお子様を担当いたします。
お子様が放課後や夏休みなどの時間を楽しく安全に過ごせるように、また、生活面だけでなく学習支援においても細かいところまで目が届くように、シーダー1名につき8名のお子様の割合となるよう、シーダーを配置いたします。
担当となるシーダーには、お子様の様子や学習のスケジューリング・授業内容などのご要望もご相談いただけます。

□■お子様の入退室をお知らせする「Kazasu(カザス)」システム
「ちゃんとエルフィーに着いたかな?」との保護者様の心配を、Kazasuが解消いたします。ひとりひとりに発行されたカードを入退室の際にタブレット端末にかざすと・・・「ピッ♪」
お子様が教室に入室した際には「入室メール」、退室した際には「退室メール」が、保護者様の指定のアドレスにリアルタイムで送信されます。
カードをかざした瞬間のお子様の様子も確認することが可能です。

□■ニーズに合わせたコース設定
小学校からの到着時刻によって、4つのコースをもとに、個々のカリキュラムを入会前の事前面談で保護者様と相談し決定していきます。「主に放課後の居場所として・・・」「算数が苦手なんです・・・」などの様々なニーズに合わせ、学校の宿題はもちろん、国語、算数および英語の学習を行っています。
その他、おやつタイムとリラックスタイムを組み合わせて一日のカリキュラムを作成しています。

□■19時以降の後延長サービス
保護者様のご都合に合わせて、21時までの延長保育が可能です。当日も、18時30分までにご連絡をいただければ対応いたします。教室に自炊設備はありませんが、ご希望に応じて、お子様とシーダーが一緒に夕飯を買いに行き、お子様が選んだ食事を教室で取ることも可能です。栄養に偏りがあるように感じた場合、付き添いのシーダーが声かけを行っております。

□■小学校の宿題&補習に
小学校から指示された宿題や授業理解を深めるための家庭学習などを丁寧に指導し、お子様に無理のない学習の習慣づけをいたします。

□■ 国語と算数を中心とした基礎学力の向上
全学年「小学生ワーク」を基本とし、低学年(1~3年生)の間は四谷大塚の「はなまるリトル」、高学年(4~6年生)からは受験研究社の「ハイクラステスト」を適宜利用しながら、基礎学力の向上を図ります。なお、平成27年度よりガウディア(日能研関東と河合塾グループ)の「ライトガウディア」も教材に加えています。

□■1日のスケジュールは、お子様に合わせてオーダーメイド
基本構成をベースに、それぞれのお子様の学力レベルやスケジュールに応じたオリジナルの学習プログラムを自由に組むことができます。

□■長期休み時は、朝から利用
小学校が長期休暇に入る「春休み」「夏休み」「冬休み」につきましては、申込制で朝8時からご利用可能です。通常時とは異なり、エルフィーでの活動時間が増える為、様々なイベントを開催しております。

□■夏休みの遠足など、イベントも多彩
教室で過ごす時間が長い夏休みなどの長期休暇時には、遠足に出掛けたり、工作や調理実習など、様々なイベントを実施いたします。
例)
・国立科学博物館見学
・横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ見学
・湘南台こども科学館見学など

□■セキュリティ
万一の事故に備え、教室では完全施錠の実施と機械警備を導入しています。